実写化も面白いナニワ金融道、闇金ウシジマくん、ミナミの帝王

ushijima

今日は少し脱線して、ナニワ金融道、闇金ウシジマくん、ミナミの帝王の実写化について。

金融系の漫画は映画やTVドラマ、Vシネマとして実写化されることが多い印象があります。「金」という人間の欲望がもろに出るテーマであり、原作もしっかりしているので、実写化しても良作品になることが多いです。巨人を倒す漫画を実写化するのとは深みが違います。

ナニワ金融道の灰原を演じたSMAP中居君、ウシジマくん役を演じた山田孝之、ミナミの帝王こと萬田銀次郎を演じている竹内力。

主役は皆いい味を出しています。竹内力なんて原作漫画よりずっと「闇金の帝王感」が出てますよね。山田孝之は身長こそ足りないものの、まばたきをしない眼光が印象的でした。

でも本当に印象的だったのは、ナニワ金融道の金畑社長を演じていた故・緒形 拳。ほんと実写化したらこんな感じだろっていうイメージにピタリあっていたんだよなー。
ogata

たぶん、今後もウシジマくんは続編が出るのではないでしょうか。すでに第二作が出ていますし、第三、第四作が出る可能性が高いです。

現代社会をぶった切ったテーマが多いので、映画化しやすいですし、主役に山田孝之を起用していて脇役も人気俳優で固めることが多いので人気が出やすいです。漫画よりは若干えぐさが減っているので、物足りないと感じるファンも多いと思いますが、初心者にはとっつきやすくなりますからね。

原作は救いようがない話が多くて、読んでてゲンナリしてきます(笑)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る