闇金ウシジマくん2巻 – ヤンキーくん

闇金ウシジマくん2巻

愛沢『何もない。』
愛沢『いや、最初から何もない……信頼してた族の仲間はバックレやがった!』
愛沢『一緒に暮らしてる女もただ同じ部屋に住んでるだけ。俺のガキ……ガキだって誰の子供かわかったもんじゃねー!ブスでヤリマンの女だ!!くそっ!!』
愛沢『あんな女と結婚したのだって金のためだ!』
愛沢『俺は車のローン、バイクのローン、パチスロの軍資金なんかを、消費者金融で借金しまくってコゲついてブラックになった。』
愛沢『姓を変えればまた消費者金融の審査に通って借金が出来る。』
愛沢『あれはそれだけのための女だ!それにまた借金がコゲついた!!そろそろ姓を変えなきゃならねェ。』
愛沢『くそっ!!』
愛沢『そうさ、あの女は週2回の生ゴミを捨てるより、カンタンに捨ててやる!』

愛沢は愛沢連合という暴走族のリーダーなのですが、近所の住民がヤクザを通じて愛沢に集会をやめさせるよう話を付けに来た際、愛沢もヤクザを頼って対処しました。

その時頼ったヤクザの滑川に事あるごとに金をせびられ、金がなくなり困り果てています。

そんな愛沢が使った手は「結婚して姓を変えて別人になる」という手段です。愛沢は実は大塚という名字に変わっています。つまり、愛沢浩司はブラックリストに載っている人間ですが、大塚浩司になればまた借金できるというわけです。

その大塚浩司でも借り過ぎてまたブラックになったようですが。

姓を変えて借金するという手段について

金融機関では新たに借り入れを申し込んだ時に、必ず今どのくらい借金があるかを聞いてきます。これはその人間に返済能力がどのくらいあるかを聞いているわけですが、実はそんなことを聞かなくても調べる手段を持っています。

個人信用情報と呼ばれる個人の金融履歴が並んだ情報ですが、これらを管理する機関があり、そこへ問い合わせることでクレジットカードの支払い履歴やキャッシングの利用歴など全て手に入ります。

ですので、一度ブラックリストに入った人間はどの金融機関でもわかるわけです。そこで姓を変えるという手段ですが、確かに管理上名前が変わっているので別人扱いです。実際、この手法は昔流行って大きな問題になったことがあります。

そこで、今では名前だけでなく、住所などが同じ場合はそこから割り出すなどの対策が取られているようです。それでも住所や名前、電話番号など全ての情報をリセットして借りに行けばバレないのかもしれません。けっしてオススメできる方法ではありませんが。。。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る